区政の動きニュース一覧へ

  次へ

創業プランコンテストの入賞者決まる (2007/10/23)



 22日、ユニークな企業家を応援する「足立区創業プランコンテスト」の表彰式が区役所で行われた。4人が受賞した。

 優秀賞の大野朋成さん(38)は、Flashという開発ソフトを用いて、携帯向けに自社オリジナルゲーム、アニメなどの待ち受け画面などを開発する。淡い色合いが特長。作成したコンテンツは各携帯キャリアの公式サイトなどから販売する。今年11月創業予定。

 同じく優秀賞の山本喜昭さん(37)は、気象衛生情報を活用した太陽光発電シミュレーションサービスを行うソフトを開発・販売する。従来のシミュレーションと比べて、気象衛星ひまわりのデータを用いることでより高精度のシミュレーションが可能になる。今年6月創業。

 奨励賞の楠誉兒さん(58)は、防火安全を商品化し、事業所の防火管理者に代わりこれを担う。消防の総合コンサルタントとして、東京消防庁勤務で培った防火のノウハウをいかし、火災の未然防止を図ることで社会貢献を果たす。平成15年10月創業。

 同じく奨励賞の佐藤圭哉さん(41)は、愛犬家と犬のプロ(トリマー、調教師、獣医など)をインターネット上で結びつけるマッチングサービスの運営。犬に特化した飼育関連情報提供も無料で行う。今年10月創業。

 同コンテストは、ビジネスプランとしてのコンセプトの優秀さと実現性、斬新さ、投資に対して着実な収益が見込める、社会性の高いもの等が条件となる。今年で2回目。

 今回は14件の応募があり、最優秀賞は該当なし。区からの創業支援補助金は最大200万円。支給は、目標達成率などにより評価される。

 (写真:近藤区長、鈴木産業経済部長を中央に、4人の受賞者)

写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ