kijidaiji.gif (4946 バイト)
(2007年2月16日配信)

警視庁音楽隊が公演
音楽隊の演奏に合わせて踊るMEC 区内第四ブロックの7小学校に通う5年生約460人を対象にした、警視庁音楽隊音楽鑑賞会が15日、西新井文化ホールで行われた。主催は青少年対策第十地区委員会。
 音楽隊はジャック・オッフェンバックの「天国と地獄」など7曲を演奏。通称“MEC”(メック)と呼ばれる警視庁音楽隊カラーガードの華麗な技が演奏に華を添えた=写真左上=。
 また音楽鑑賞会に合わせて、明るいまちづくりへの意識付けの契機になるようにと、児童から募集した健全育成標語の発表も行われた。各校から選ばれた7人が登壇し「あいさつは 心をひらく あいことば」西新井警察署・廣田敏一署長より記念品を受ける発表者などそれぞれが作成した標語を元気に発表。7人には西新井警察署・廣田敏一署長より記念品が贈られた=写真右=。
 同地区委員会の三枝潔会長は子どもたちに対し「標語を考えたことを機に、まちをよくするために何が必要かを考え行動してほしい」と語った。

 

◇7小学校から各一人、選ばれた標語は以下の通り。<敬称略>
 「思いやり 一人一人心の中に もっている」(梅島第二小・川端美優)
 「みてごらん あなたは ひとりじゃないんだよ」(関原小・伊藤汐理)
 「見つけよう 絶対見つかる 自分のよさ」(梅島小・茅根美和)
 「あいさつは 心をひらく あいことば」(梅島第一小・桝澤愛唯)
 「目を合わせ 心にとどく あいさつを」(島根小・大内紅葉)
 「なやまずに 相談してよ 友達じゃん」(亀田小・飯塚ひとみ)
 「ありがとう 一声だけでも 言ってみて」(栗原小・藤原由佳)

 

daiji_copy.gif (15503 バイト)
トップへ戻る