kijidaiji.gif (4946 バイト)
(2007年2月6日配信)

千寿桜堤中が吹奏楽&合唱で慰問
生徒と高齢者が歌声を重ねた 千寿桜堤中学校の合唱部と吹奏楽部が3日、近隣の老人保健施設・千寿の郷(柳原2丁目)で訪問演奏会を開催。施設を利用する高齢者に美しいメロディーを届けた。
 慰問に訪れたのは同校の1、2年生45人で、演歌など集まった聴衆のよく知る楽曲を中心に披露。「幸せなら手をたたこう」では吹奏楽のリズムに合わせて、高齢者が笑顔で手拍子を加えた。
 また同施設の開設10周年を祝して長島喜一施設長が作詞した「郷の春」を、演歌「北国の春」のメロディーにのせて合唱。生徒と高齢者が歌声をきれいに重ねた=写真=。
 演奏を終えた同部の天光彩花部長は「高齢者の方々から、ありがとうという言葉をかけられてうれしかった。今後の活動の励みになります」と喜んだ。

 

daiji_copy.gif (15503 バイト)
トップへ戻る