kijidaiji.gif (4946 バイト)
(2007年2月1日 配信)

時代を反映する浮世絵展、開催中
浮世絵に見入る人 1月5日〜2月4日まで足立区立郷土博物館で「収蔵浮世絵展〜美人画の世界〜」が行われている。
 展示されている浮世絵は全部で35作品あり、歌川豊国三代の「江戸名所百人美女」や、喜多川歌麿の「風流五色の花(狐面)」など江戸の女性を描いた美人画が展示されている。
 この浮世絵展を見に来た人は「絵のラインや色合わせがとてもきれいでそこに惹かれた」と浮世絵に見入っていた。
 同館の学芸員は「1日に30人ぐらいが見に来てほとんど年配の方です。浮世絵の一つ一つの違いを見てほしい」と話していた。

◆「収蔵浮世絵展〜美人画の世界〜」
開催期間:1月5日〜2月4日(月曜休館)
入館料:大人200円、中学生以下無料
会場:足立区立郷土博物館 (足立区大谷田5−20−1)
問合せ:TEL3620−9393

※この取材記事と写真は、足立よみうり新聞で職場体験学習を行った花保中学校2年・田代飛揚さんによるもの。

 

daiji_copy.gif (15503 バイト)
トップへ戻る