千住地区ニュース一覧へ

  次へ

足立区の取り組みをモデルケースに〜小渕大臣が若者就労支援施設を視察 (2008/11/10)



 
 10日、小渕優子内閣府特命担当大臣が足立区を訪れ、ハローワーク足立および先駆的な若者就労支援施設である「あだち若者サポートステーション(AYSS)」を視察した。

 AYSSでは、施設を視察するとともに、同所を運営するNPO法人青少年自立援助センター工藤定次理事長、足立区職員らと懇談した。

 特に、スタッフが引きこもりの青年宅を訪ねたり高校を就労支援訪問するアウトリーチの活動や、利用者と同年代の若いスタッフが雑談をしながら顔の見える就労支援をしていることに関心を募らせていた。

 大臣は視察後、次のように話した。「昨今の雇用の変化がある中で、青少年が取り残されているのではないかと危惧する。彼らが抱える様々な問題について幅広い意見を聞くことができた。引きこもりや就職できずに悩む彼らを地域がいかに連携し孤立させないか。足立区の取り組みをモデルケースにしたい。青少年が将来の基盤をつくっていけるような施策を進めたい」

 予定時間を上回っての熱心な視察となった。

(写真上)スタッフの織田鉄也さん<右>の案内で施設内を視察
(写真中)足立区産業経済部橋本弘部長<立ち姿>が区の現状報告
(写真下)利用者と同様に利用登録をする

 

写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ