千住地区ニュース一覧へ

  次へ

千房の中井氏が人材育成術を伝授〜足立荒川職業協会創立50周年記念講演会 (2008/10/23)



 
 足立荒川職業協会(久保木岩夫会長)が創立50周年にあたり記念講演会を21日、天空劇場で行った。

 講師には、大阪を拠点に全国58か所さらにハワイにも出店するお好み焼きチェーン「千房」を経営する名物社長の中井政嗣氏(63)が招かれた。

 「人間って欠けているから伸びるんや」と題して、部下を必ずやる気にさせる人材育成について話した。

 中学校卒業後、乾物屋にでっち奉公した5年間で辛抱を覚えた。28歳で従業員5人から創業したお好み焼き屋が日本一に成長した陰には、『従業員はどうしたら喜んでくれるだろうか』の一途な思いがあった。非行歴がある若者なども積極的に受け入れ、あきらめず、怒らず、共に育っていくことが会社を発展させる礎となったと明かした。

 「商売って人柄やで!」が信条。

 人格と業績は比例すると説く。

 景気が低迷する現代は、行先がはっきりせずに迷子になっている経営者が多いと分析。「経営は体で学ぶこと、実践をすることで変わる」と、自らが実践し成果を得たことを具体的に話した。

 多忙な社長業のかたわら、37歳で高校に入学・卒業した経験など、内容はすべて体験に基づくゆえに満場の聴衆は納得、共感していたようすだった。終了後、会場にはスタンディングオベーションが広がった。

 参加した経営者は「ご著書の『できるやんか!』と、苦境を乗り越えた体験が記される雑誌『プレジデント』をぜひ読んでみます」と話した。

 主催の足立荒川職業協会は、2区の事業所及び事業主を会員とし、所管のハローワーク足立と連携、雇用対策の推進等に協力する。
 
(写真:講演する中井氏)
 

 


 
 

 


 
 






写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ