綾瀬・青井地区ニュース一覧へ

  次へ

近藤区長が予算案を講演〜町・自連新年会 (2010/02/05)



 
 足立区町会・自治会連合会(有馬康二会長)は5日、東京マリアージュで250人が出席し、新春講演会および新年会を行った。

 講演会は、近藤やよい区長が平成22年度予算編成のあらましについて話した。健康増進のためにパークで筋トレや体力向上教室の開催、安全なまちづくりのために夜間パトロールや街角防犯カメラの設置、放置自転車の撤去活動推進などを実施していくとのこと。また、昨年好評であった区内の花めぐりバスを今年もコースをふやして実施される。

 近藤区長は「財政は厳しいが、区民一人ひとりが健康・安全に暮らせるまちづくりを考える足立区は今、買いどき!」と前向きな言葉で、講演を終えた。

 これを受け、有馬会長は「厳しい予算編成のなかで、就任3年目の近藤区長は女性らしいきめ細かさで、かつ大胆な取り組みをされている。心強く思うと同時に、しっかりしたかじ取りを願う。私たちは、足立区と協働し、明るく住みよい足立区のために今年も力を尽くしてまいりたい」とあいさつした。

 同連合会には区内町会・自治会の87%を超える378団体が所属。都内でも有数な地縁団体とされる。

(写真)挨拶する有馬会長


写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ