竹ノ塚・舎人地区ニュース一覧へ

  次へ

竹ノ塚駅付近高架化へ着工―完成予定は2021年3月 (2012/11/06)



 
 4日、竹ノ塚駅付近鉄道高架化工事の起工式が第十四中学校で行われ、関係者ら約200人が出席した。

 主催者の近藤やよい区長は「痛ましい踏切事故から7年7か月、いよいよ足立区民の悲願とも言うべき高架化の工事に着手します」とあいさつ。さらに「鉄道高架化が最終目的ではなく、足立区の北の玄関口にふさわしい駅周辺のまちづくりにより、地域の更なる発展を目指します」と結んだ。

 また、地元住民らによる鉄道高架化促進連絡協議会の古庄孝夫副会長は「夢にまで見た事業。署名活動や国・都などへ要請活動をしていただいた多くの皆さまにお礼を申し上げたい。一日も早く完成して、まちの発展に寄与してもらいたい」と感謝と期待感を述べた。

 このあと、代表者による鍬入れとくす玉開花があり、工事の安全と早期完成を祈った。最後に、第十四中吹奏楽部による祝賀演奏が式に彩りを添えた。

 同事業は、竹ノ塚駅を中心とした約1・7キロの区間を高架化するもの。都内初の区施工による。完成予定は2021年3月。



(写真上)鍬入れする近藤区長ら
(写真中)くす玉開花では大きな拍手が
(写真下)第十四中吹奏楽部の祝賀演奏

写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ